仙台市青葉区 分譲賃貸マンション

仙台市青葉区は、1987年(昭和62年)に仙台市と合併した旧宮城町とそれに接する旧仙台市北西部を以って、1989年(平成元年)4月1日に仙台市が政令指定都市になった時に設けられ、発足時の人口は24万5881人だったそうです。

現在の宮城総合支所は、旧宮城町役場の土地・建物と管区を受け継いだもので、仙台市青葉区は、交通事情の改善から商圏が広がっていて、宮城県内はもとより、山形県や福島県からの客も訪れているそうです。

国分町及び周辺は歓楽街となっていて、飲食店やバー、クラブ等が軒を連ね、景気の良い時代には「不夜城」と呼ばれていたほどで、国分町のメインの通りを外れると庶民的な飲食店や飲み屋が並びます。

旧宮城町地区(愛子盆地)の中心は、旧広瀬村のJR仙山線・愛子駅から陸前落合駅辺りとなっていて、仙台市が1999年(平成11年)7月に策定した「アクセス30分構想]」を基にしたオムニバスタウン事業により、それぞれ駅前開発も進んでいます。

仙山線と並走して愛子盆地を東西に貫く国道48号・愛子バイパス沿いでも、栗生および、栗生西部で土地区画整理事業が行われ、都市化が進んでいるようです。

大沢地区と呼ばれる平地は農地が主で、丘陵地は住宅地となっていて、旧仙台市との境界部分を弧状に走る仙台北環状線沿いの南吉成地区にも、ロードサイドショップを中心とした商業や人口の集積があります。

折立地区では、折立小学校・中学校が合併後に旧宮城町の郷六地区からの生徒を受け入れていて、さらに落合・栗生地区が広瀬中学校と折立中学校との選択学区で地理的に近い折立中学校へ通学している生徒も少なくなく、愛子盆地内の一体化も進んでいるようです。

これからどんどんよくなっていく、仙台市青葉区で、分譲賃貸マンションを今から探しておくといいかもしれませんよね。
また、青葉区で賃貸マンションもお探しなら、賃貸情報が豊富な「仙台 賃貸マンション」サイトをぜひご覧ください。
弊社は、青葉区や地下鉄沿線の賃貸マンションなど予算に応じてご紹介いたします。

地元に詳しい当社に是非仙台市青葉区 分譲賃貸マンション探しをお任せください。
納得のいく分譲賃貸マンションをご提供いたします。

運営会社

当サイトは以下の会社が運営しております。

商号 ウェルプレイス株式会社
Wellplace CORPORATION
ウェルプレイス店舗
所在 宮城県仙台市青葉区本町2丁目6-14 N.E.Uビル1F
ウェルプレイス所在地
代表者 大沼 史明
免許番号 宮城県知事(8)第2997号
設立 昭和61年4月25日 (創業 昭和57年)
- -