仙台市若林区 分譲賃貸マンション

仙台市若林区は、仙台市を構成する5区のうちのひとつで、仙台市の南東部で構成されています。

広瀬川、名取川を西南の境とし、東は仙台湾に面し、全体的に低平な土地です。

若林区の中心部を国道4号仙台バイパスが縦断していて、仙台バイパス付近より西側は住宅地、東側は水田地帯となっています。

現在の若林区が設けられるまで、この区域が一つのまとまりとされたことはないそうで、若林区の西端は江戸時代から城下町仙台の一部で、それより東は近郊の農村であり、政令指定都市になるに際し、市の南東部を一個の区として設けたのが若林区だそうです。

若林という区名は、伊達政宗が造営した若林城(現:宮城刑務所)に由来しているそうです。

区名の公募の1位は東区、2位は南区、3位は広瀬区で、若林区は4位だったそうですが、東区と南区は方位をとらないという方針によって除かれ、広瀬区は、各区で上位にあり、かつ上・中流のほうが広瀬のイメージにふさわしいという理由で退けられたそうです。

南を広瀬川と名取川、東を海で囲まれた若林区は、夏は市内唯一の海水浴場深沼海岸で遊び、冬は大沼や井土浦で渡り鳥観察と、四季折々に水辺の自然が楽しめるところです。

海岸沿いに延びる貞山堀は、松林に囲まれた大運河で、戦前は河川交通の大動脈として活躍しましたが、その役目を終えた今は釣りと散策の名所として親しまれています。

若林区役所の周辺には、古墳時代に遠見塚古墳、猫塚古墳、法領塚古墳など多くの古墳が造られ、奈良時代に現在の木ノ下に陸奥国分寺・陸奥国分尼寺が建立されました。

今泉地区にも須田玄蕃の館(今泉城)があったとされ、太白区の郡山地区などと並び、現在の仙台市中心部よりも古い歴史を持つ地域です。

また、若林区の東半部は、水田地帯となっていて、稲作が盛んです。

若林区の北部には、仙台市の流通拠点である卸町地区が位置していて、仙台市中央卸売市場も同地区内にあります。

若林区の賃貸マンションは、賃貸マンション 仙台サイトでお探しください。
弊社の専用ページでご希望を入力していただければ、条件に合う物件をメールでお送りするリクエスト登録がございます。

もちろん、こんな素敵な仙台市若林区 分譲賃貸マンションをお探しの方は是非当サイトへお任せください。

運営会社

当サイトは以下の会社が運営しております。

商号 ウェルプレイス株式会社
Wellplace CORPORATION
ウェルプレイス店舗
所在 宮城県仙台市青葉区本町2丁目6-14 N.E.Uビル1F
ウェルプレイス所在地
代表者 大沼 史明
免許番号 宮城県知事(8)第2997号
設立 昭和61年4月25日 (創業 昭和57年)
- -