不動産用語集 | さ行

<サービスバルコニー>

キッチンに面した小さなバルコニーや、北向きの小さなバルコニーのことをいうのが一般的。ごく限られたスペースなのでゴミ置き場など用途は限定される。

<サービスルーム>

建築基準法上、採光や換気基準を満たさず、居室として認められない部屋。納戸との区別はなく、間取りとしては2SLDKなどSと略される。

<債務不履行 - さいむふりこう>

債務者が、その責めに帰すべき事由(故意、過失)によって、債務の本旨に従った履行をしないこと。履行期に遅れた履行遅滞、履行することができなくなった履行不能、および履行はしたが十分でなかった不完全履行の3つの態様がある。

<下がり天井 - さがりてんじょう>

天井に梁やパイプスペースなどの出っ張りがあり、その部分だけ天井が低くなっている部分のこと。

<サブリース>

不動産契約のひとつ。一般とは異なり賃料保証をして、入居者の有無にかかわらず、一定の家賃を一定の期間支払う契約のこと。入居者の有無にかかわらず賃料保証が発生するため、物件には厳しい審査が必要になる。

<三点給湯 - さんてんきゅうとう>

キッチン、浴室、洗面所の給湯を、1台のガス給湯器や電気温水器でまかなうシステム。

<サンルーム>

サンルームとは、日光を多く取り込めるようにした部屋のことを指します。屋根や戸、壁などをガラス張りにして、自然光を多くとり入れられるようにした部屋 のことです。部屋の全部、または一部をサンルームにする場合と、リビングルームなどの外部に隣接させて設置される場合とがあります。

<サムターン>

シリンダー錠などの居室側に付いた施・解錠つまみ。サムターン回しとは、玄関扉に穴をあけるなどして外部から不正に操作する解錠手口のことを指す。

<敷居 - しきい>

引き戸を設ける場所の下部にあり、鴨居と対をなす。

<敷金 - しききん>

借主の家賃不払いなどの際に充当する担保として契約時に預けるもので、阪神エリアなどでは保証金ともいう。原則として解約・契約終了時に、解約引きや敷引き、原状回復義務に基づく補修費を差し引いた額が借主に返還される。

<敷金返還 - しききんへんかん>

賃貸借契約の際に借主から貸主に支払われるお金のこと。賃料不払いや、部屋の破損の損害賠償など、担保機能を有するものや、事務所や店舗を賃借する際の保証金に当たる。 最近、不当に敷金を返還しない家主が増え、訴訟問題に発展することがある。そのため、不動産契約書などはよく確認をしておきたい。

<敷引き - しきびき>

契約時に必要な保証金または敷金のうち、解約および契約終了時に借主への返還対象とならない一定金額。一般に、保証金に含まれるものを解約引き、敷金に含まれるものを敷引きと区別するが、どちらも同じもの。

<システムキッチン>

調理台、シンク、加熱調理器、レンジフード、収納庫などを一体化させたデザインのキッチン。オプションで機能を付け足すのに比べて見栄えも機能性も優れている。

<システム洗面化粧台 - しすてむせんめんけしょうだい>

洗面ボウルや水栓、シャワー、照明、鏡やコンセント、収納など、洗面時に必要な機能を一体化した化粧台のこと。

<システム料金 - しすてむりょうきん>

「システム料金有/無」の物件は、敷金・礼金が発生しないが、以下の金額が発生します。 ■システム料金を支払うことによって、住み替え制度や会員雑誌の無料配布といった諸サービスの提供を受けることがでます。 なお地域により、システム料金を不要としている物件がある。

<実印 - じついん>

現住所のある市区役所・町村役場で実印として登録された印鑑のこと。印影や材質が基準を満たす印鑑と身分証明書を持参し、担当窓口で手続きすれば印鑑登録証が発行される。賃貸借契約書に実印が必要な場合に捺印。

<シックハウス>

ホルムアルデヒドをはじめとする揮発性有機化合物などに汚染された住宅のことで、それら有害物質が原因で健康被害を受けることをシックハウス症候群と呼ぶ。

<シャンプードレッサー>

洗面、洗髪、化粧などができる機能と収納スペースを一体化した洗面化粧台のこと。洗面洗髪化粧台。

<償却金 - しょうきゃくきん>

賃貸借契約時の預け金のうち、解約および契約終了時に借主への返還対象とならない金額。保証金の場合は解約引き、敷金の場合は敷引きのこと。

<初期費用 - しょきひよう>

賃貸借契約時に発生する、敷金または保証金、前家賃、管理費または共益費、仲介手数料(仲介や代理契約の場合)の総称。一般に家賃の5〜6ヵ月分が必要。

<スタンドライト>

部屋のアクセントとして有効なフロアスタンドや、勉強・読書に用いるテーブル用のスタンドなどがあり、 いずれも手軽に移動できる。

<スラブ>

鉄筋コンクリート造における床版(居室の床下のコンクリート部分)のこと。厚み(スラブ厚)があるほど遮音性に優れ、上下階へ音が響きにくい。

<寸 - すん>

建築の単位。1寸は3.03cm。

<善管注意義務 - ぜんかんちゅういぎむ>

善管注意義務とは、「委任を受けた人の、職業、地位、能力等において、社会通念上、要求される注意義務」であり、管理会社は単に受託業務を処理するだけで よいのではなく、専門家、そのプロとしての平均的な注意を尽くす必要があることを示す。

<洗濯パン - せんたくぱん>

主に洗濯機を置くための排水口付き受け皿のことで、防水パンともいう。万一、水漏れが起こった際に、水が周囲にあふれ出すのを防ぐ。

<洗面化粧台 - せんめんけしょうだい>

シンク、鏡、小物入れ、照明器具、コンセントなどを一体化させた、化粧台としても使える洗面台。取り付けが簡単なため、現在は多くの住宅で採用されている。

<即入居 - そくにゅうきょ>

賃貸住宅で、契約手続きを済ませればすぐに入居可能となること。原則として、引っ越しの時期にかかわらず契約成立と同時に家賃が発生する。

<損保 - そんぽ>

損害保険。賃貸住宅でいう場合、火災や水漏れ事故など、入居中の不慮のトラブルによる損失を補償するもの。賃貸借契約と併せて指定損保への加入を義務付けている物件も多いが、任意の場合でも加入しておくのがベター。補償内容は損保の契約内容により異なる。