不動産用語集 | ま行

<前家賃 - まえやちん>

賃貸借契約成立に伴って支払う当月家賃。家賃発生日が月途中の場合は原則として日割り家賃となるが、家賃発生日が月末に近い場合はさらに翌月1ヵ月分を併せて支払うこともある。

<間口・奥行 - まぐち・おくゆき>

建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合をいう。建築物の規模とその地域の道路等の公共施設の整備状況とのバランスを確保すること等を目的として、都市計画区域内においては、用途地域の種別および前面道路の幅員により、その最高限度が制限されている(建基法52条)。

<マンション>

本来は「大邸宅」の意。日本ではアパートより大きい集合住宅ととらえられることが多い。 最近はインターネットに特化したインターネットマンションなどが人気。

<メゾネット>

フランス語で「小さな家」という意味で、マンションやアパートでは、二層(2階層)で中が内階段でつながっていて、上下の部屋が住居用として使えるタイプ の住戸のことを指す。

<メーターボックス>

電気・ガス・水道の計量器などを集約したスペース。住戸の玄関脇に設けられていることが多い。MBと略す。

<免震構造 - めんしんこうぞう>

免震構造とは、耐震設計とは違い、建物と地盤との間に積層ゴムなどを利用して免震層を作ることで、地震力を建物に直接伝えないようにした構造のこと。