不動産用語集 | ら行

<リビングダイニング>

居間と食事スペースを兼ねたひとつの部屋で、LDと略す。主に独立キッチンをもつ間取り。

<リーシング>

本来はリース業(業務)や賃借のことをいうが、我が国の不動産業界では、賃貸・不動産に対してテナント付けを行い、仲介業務を行うことをさす。

<リノベーション>

建物更新のための大型工事のこと。通常の修理より大がかりな修復工事を指すことが多く、外壁補修や開口部の建具の取り替え、設備の更新を含む。近代建築遺産の活用のための修復工事を指すこともある。リニューアルともいう。

<レインズ>

レインズとは「Real Estate Information Network System」の略で、建設省が企画した不動産流通機構の近代化方策として作られた、不動産情報ネットワークのこと。

<礼金 - れいきん>

不動産の賃借契約に際して、借主から貸主(家主)に支払われる一時金の一種。お礼という名目であるため、通常は返還を要しないものとされるが、賃料の前払的性格を有しているのが実情。若年層を意識した賃貸住宅など、借主獲得のための市場原理で、旧弊な制度を廃止する家主も出現している。

<連帯保証 - れんたいほしょう>

主債務者とともに債務返済への責任を持つことをいう。連帯保証人は、みな均等に債務を負担する。主債務者と連帯保証人の負担に原則的に差はなく、主債務者 に生じる事由は、連帯保証人にも同様に生じる。ただし、連帯保証人には催告・検索の抗弁権はなく、その点で連帯保証人は通常の保証よりも担保性が高いといえる。

<ロフト>

もとは屋根裏部屋のことだが、集合住宅でいう場合は、居室の一部に設けられた中2階の小スペースを指す。通常の居室よりも天井が低くなっているのが一般的。