仙台市青葉区 不動産

青葉区は、仙台市を構成する5区のうちのひとつで、合併前の旧仙台市の北部・中央部と旧宮城郡宮城町です。

区名は青葉区内にある仙台城の雅称の「青葉城」や「青葉山」に由来し、伊達政宗を祀る同区青葉町の青葉神社や仙台・青葉まつりなど、青葉という言葉は「仙台」を表す記号にもなっています。

青葉区は区名公募の1位で、2位は中央区、3位は広瀬区だったそうですが、公募を受けて選定した仙台市区名選定委員会は、方位は地名としてとらず、広瀬は将来の分区の際の有力候補として残すべきだという理由を添えて、青葉区と決定したそうです。

青葉区の西部にある奥羽山脈より東流する広瀬川とその支流の流域に従って、東西に細長い形の区となっていて、青葉区内の奥羽山脈は、船形山と蔵王連峰の間であまり高い峰々がなく、西からの雪雲が入り易いため、青葉区の西部の旧宮城町は豪雪地帯に指定されていますが、その低さ故、関山峠で山形県村山地方に通じているそうです。

青葉区西部の旧宮城町は、愛子盆地を中心とした地域で、青葉山丘陵によって区東部と地形的には分断されていて、青葉山丘陵の北部はベッドタウン、丘陵の東端の青葉山には仙台城や東北大学川内キャンパスがあります。

丘陵の東側は広瀬川の河岸段丘になっていて、仙台市役所、宮城県庁、仙台駅、東北大学片平キャンパスなど、仙台市の主要施設が集中する仙台市都心部を構成しています。

青葉区の東端は仙台駅と東北新幹線・東北本線で区切られていて、青葉山丘陵によって分断されている青葉区の東西を結ぶ主要交通路は、国道48号やJR仙山線が担っています。

青葉区中心部の産業は、多くのビル群には中央企業の仙台・東北支店が入居し、支店経済都市と呼ばれる所となっていて、仙台駅前から東一番丁通りにかけては中央通りのアーケード街が並ぶ、東一番丁通りも一番町アーケード街が形成されていて、多くの方が転勤で訪れるところです。

弊社では東日本大震災以降、新築一戸建て・建売分譲住宅の売買仲介を仲介手数料無料にて取引を行っております。仙台市内の対象になる不動産に関しては、「仙台 不動産」サイトをご覧いただければと思います。
 不動産仲介サイトには、「新築一戸建ての不動産売買仲介」、「建売住宅と注文住宅の違い」や、「仲介業者の必要性」なども記載させていただいております。

仙台市青葉区 不動産をお探しの方は是非当社をご利用ください。

運営会社

当サイトは以下の会社が運営しております。

商号 ウェルプレイス株式会社
Wellplace CORPORATION
ウェルプレイス店舗
所在 宮城県仙台市青葉区本町2丁目6-14 N.E.Uビル1F
ウェルプレイス所在地
代表者 大沼 史明
免許番号 宮城県知事(8)第2997号
設立 昭和61年4月25日 (創業 昭和57年)
- -