仙台市太白区 不動産

太白区は、仙台市を構成する5区のうちの一つで、合併前の旧仙台市の南西部と旧名取郡秋保町からなります。

太白区域は東西に長く伸び、東端は名取川とその支流である広瀬川で区切られ、東部は仙台平野の一部で、仙台に近い側に区の中心市街である長町副都心があり、名取川を隔てたその南、南仙台駅付近にも市街地が広がり、東端部は水田地帯で、西部は名取川流域の山地で、山形県と接する秋保地区になります。

太白山という山が太白区役所の西方約6劼飽銘屬靴討い董標高が321mとさほど大きな山ではありませんが、きれいな三角形のその姿は目を引き、古くから漁船の目印とされるなど、地域のシンボルとして親しまれてきました。

そして、「太白」という言葉には、きわめて潔白なこと、宵の明星(金星)という意味があり、このことから、太白区という区名は、太白星(金星)が落ちてできあがったという伝説をもつ太白山に由来していて、区名公募の際の1位は南区、2位が緑区だったそうですが、方位や他都市の区名に例がある名はとらないという方針により、太白区が選ばれたそうです。

太白区内には市内の4割を超える埋蔵文化財が集中していて、富沢遺跡や郡山遺跡等の大規模な埋蔵文化財の存在も太白区の大きな特徴となっているようです。

また、JR長町駅東側の区画整理事業「あすと長町」は、快適性や安らぎを重視したヒューマンスケールの新環境都市づくりが着々と進んでいて、これからの「地下鉄東西線」の整備に併せ、区内各地域からの交通アクセスを改善し利便性の向上を図るよう、都市計画道路など交通基盤整備も同時に進められているそうです。

太白区は、仙台市の南の玄関口として仙台空港にも至近距離にあり、地下鉄南北線・東北本線・東北自動車道などの交通の要衝としての地理的条件や豊かな自然と歴史を生かしたバランスのとれたまちづくりを進めていて、今後の発展が大いに期待されています。

仙台市太白区で新築建売住宅を購入の方は、ぜひ「不動産 仙台」をご利用いただければと思います。新築一戸建ての仲介手数料を無料にてご購入いただけるお得なサービスがございます。

こんな素敵な街で仙台市太白区 不動産をお探しの方は、ぜひ当社にお任せください。

運営会社

当サイトは以下の会社が運営しております。

商号 ウェルプレイス株式会社
Wellplace CORPORATION
ウェルプレイス店舗
所在 宮城県仙台市青葉区本町2丁目6-14 N.E.Uビル1F
ウェルプレイス所在地
代表者 大沼 史明
免許番号 宮城県知事(8)第2997号
設立 昭和61年4月25日 (創業 昭和57年)
- -